病院

うつ病のイロハを学ぼう【抗うつ薬の特徴や再発防止も忘れずに】

うつ病患者への寄り添い方

男の人

自分ではなく周囲の人間がうつ病になったら、どのように寄り添ってあげればよいのでしょうか。大前提として理解しておくべきことは、うつ病はれっきとした精神疾患で、決して「甘え」なんかではないということです。精神安定剤や抗うつ薬を飲めば治る、といったものではありません。このような間違った考えがうつ病患者の治療を妨げたり、壁を生んだりしてしまうのです。うつ病の原因として考えられるものは多分に存在しますが、遺伝的要因やホルモンバランスの乱れなどによる原因が主だと言われています。つまり100%とは言えないものの、本人の心が強い・弱いといった部分はうつ病に関係していないということが言えるのです。それをしっかり覚えた上でうつ病のサポートをしましょう。

もし家族がうつ病を発症させたら、恐らく自宅療養をすることになると思います。そこで家族が間違えた対応をしてしまうと、うつ病の改善はおろか、悪化させてしまう恐れがあります。まずは患者と一緒に病院へ行き、うつ病の説明を受けましょう。患者はうつ病の症状によって物事をネガティブに考える恐れがあるため、医師からの説明を真面目に聞かなかったり、間違った解釈をしたりするかもしれないからです。家族が一緒に付き添ってあげることで、医師と本人とのやり取りを優しく見守り、フォローしてあげることができます。薬物療法を勧められた場合、処方された薬の特徴や副作用など、薬における説明は細かい部分まで把握するようにしましょう。また、医師とのやり取りの中で本人が何かを医師に伝えようとしているのが分かったら、なるべく本人の力で話させるようにしましょう。

現在勤めている職場にうつ病患者がいる場合は、家族ほどではないにしろ、うつ病とその患者に対する理解をしっかり示した上で接するようにしましょう。もしその患者が自分の部下であった場合、なおさらその理解が重要となります。上司がうつ病への正しい理解を持ち、それを部署もしくは社内に広めれば、全体がそれを共有することになり、うつ病患者が復帰しやすい環境を作ることができるはずです。