病院

うつ病のイロハを学ぼう【抗うつ薬の特徴や再発防止も忘れずに】

再発の原因や対策法

女医

改善することが難しいとされるうつ病ですが、それだけでなく、再発しやすい病気としても知られています。うつ病を完全に克服させるためにも、現状の改善だけでなく、再発を防止するための手立ても十分に考えるようにしましょう。では、そもそもなぜうつ病は再発するのでしょうか。再発の原因、そして再発防止の具体的な方法をチェックしましょう。

うつ病患者の再発率は少なくなく、イギリスやオーストラリアで行なわれた調査によると、治療を受けたうつ病患者のおよそ6割が再発したという結果が出ています。再発が起きる具体的な原因は、患者の自己判断のミスによるものです。まだ完治していないにも関わらず、ある程度治療を続けていく中で「もう治った」と思い込み、治療や通院を止めてしまう結果、再発する…というものです。こうなると症状は悪化してしまい、場合によっては治療前の状態に戻ってしまう可能性があります。自己判断で減薬、断薬といった行為はNGなのです。

再発防止の1つとして、うつ病患者本人がうつ病は再発する可能性が高いことを認識しておく、という方法があります。心構えを大きく変えられるこの方法は、うつ病の再発防止にとても高い効果があります。再発率が高いことを知れば、治療における諸々の部分で自己判断を下すことが無くなり、基本的に医師の指示に従うようになります。減薬や断薬といった行為もしなくなると予想できます。それにより症状の緩和や再発防止に効果を与えることができるのです。もう1つ再発防止の方法を挙げるとするなら、社会復帰のタイミングを熟考するという方法があります。職に就いている人間がうつ病にかかると、「早く復帰しなきゃ」という意識を持つようになります。その気持が出てくるのは社会人として正しいことかもしれませんが、心身はその変化に追い付いていないのが実情です。気持ちが早り過ぎて早いタイミングで社会復帰をしてしまうと、うつ病が再発する恐れがあります。症状が良くなってきたら、少しずつ心身を整えるよう意識しましょう。