病院

うつ病のイロハを学ぼう【抗うつ薬の特徴や再発防止も忘れずに】

抗うつ薬の特徴や副作用

二人の女性

うつ病の治療法の1つ「薬物療法」は、抗うつ薬を飲み十分な休養を取って治療をするという内容の治療法となっています。抗うつ薬は基本的に、病院で診断を受け、その結果に応じて医師から処方される流れとなります。勝手に減薬及び断薬をしたり薬の種類を変えたりすることは体調不良やうつ病の症状に悪影響を及ぼす恐れがあるので、当然NG行為となります。そこで、このサイトを通して国内で頻繁に使われている抗うつ薬の特徴や副作用などを紹介したいと思います。

SSRIは抗うつ薬の一種で、デプロメール、ルボックス、パキシル、ジェイゾロフトなどの薬がこのSSRIに含まれます。主に生体リズムや睡眠などに作用する、セロトニンという成分の働きを回復させる効果があります。中程度から重症のうつ病に効果があるとされていますが、副作用が少ないという点から最初に処方される傾向にある種類の薬です。副作用には、吐き気、眠気、めまいなどの症状があります。

SNRIは別名「セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬」といい、名称にも入っているようにセロトニンとノルアドレナリンの働きを回復させる効果を持っています。トレドミン、サインバルタなどがSNRIに含まれます。SSRIより意欲の向上効果が高く、それでいて副作用が少ないという利点を持っています。副作用には、頭痛や口の乾き、排尿障害などがあります。

複数ある抗うつ薬の中で、特にポピュラーなのがTCAと言われる抗うつ薬です。「三環系抗うつ薬」と言われることもあります。トリプタノール、トフラニール、アナフラニールなどの薬がこのTCAにあたります。主な働きは、SNRI同様セロトニンやノルアドレナリンの回復です。従来から使われている認知度の高い抗うつ薬ということもあり、うつ病の症状を緩和させる効果は高めです。副作用として、口の乾きや便秘、排尿困難などが挙がっています。

最後に紹介するのは四環系抗うつ薬です。ルジオミール、テトラミドなどの薬が四環系抗うつ薬にあたります。主にノルアドレナリンの働きを回復させる作用があります。TCA(三環系抗うつ薬)の次に開発された薬ではありますが、うつ病の症状を緩和させる効果はTCAより低めです。ただ、副作用に関してはTCAより軽めだとされています。副作用として、口の乾きや便秘、めまいなどがあります。