辛いうつ病に効く薬

うつ病のイロハを学ぼう【抗うつ薬の特徴や再発防止も忘れずに】

うつ病患者への寄り添い方

うつ病患者が自分の周囲にいた場合、急に抗うつ薬の服用を勧めたりするようなことはせず、まずは自分自身がうつ病という病気に対して正しい認識を持つようにしましょう。そうすれば患者に対しても優しく寄り添うことができます。

再発の原因や対策法

うつ病は再発率がとても高い病気だとされています。再発の主な原因は、本人の思い込みによるものだと考えられています。間違った自己判断で減薬したり断薬したりすることが再発を生んでしまうのです。

3つの主なうつ病治療法

医薬品

うつ病の治療法として最も効果があるとされているのが、休養、薬物療法、そして心理的治療です。薬物療法とは、文字通り薬を飲んで症状の改善を図る方法で、うつ病の場合抗うつ薬が対象の薬となります。この3つの治療法は、どちらか1つで治療を進めることもできますが、複数の治療法を同時に行なうことも可能です。どちらかと言うと後者を選ぶ患者が多い傾向にあります。ただ、うつ病の治療において重要なのは自身の症状の程度や原因の特定、そして医師からの指示や提案を守ることにあります。これらを理解した上で治療に臨むようにしましょう。

うつ病治療の基本とも言える休養は、心だけでなく身体も十分に休ませるようにしましょう。うつ病患者に多い「責任感の強い人」「規則的で真面目な人」などは、心身が疲労状態にあっても、無理して仕事や付き合いなどを優先させる傾向にあります。うつ病であることが分かったら、うつ病であることを話し、十分な休養を取るようにしましょう。それにより自分の身体が回復し、周囲の理解も深まるようになります。

薬物療養は抗うつ薬の治療によって症状の緩和を行なう治療法です。抗うつ薬は基本的に病院で医師の処方によって得ることができます。副作用が発生することもありますが、医師の指示に従い正しい方法で飲めば、症状を最低限に抑えることができます。抗うつ薬は即効性こそ無いものの、飲み始めて2週間くらい経った頃から徐々に効果が現れるようになります。そのため休養を取りながら辛抱強く飲み続けることが大事です。

心理的治療は別名「精神療法」とも呼ばれる治療法で、主にカウンセリングや箱庭療法などの方法で行なわれます。抗うつ薬に頼らず、対話や簡単な訓練によって本人の心や考え方などに働きかけ、自分から気持ちを表現できるようにすることを目的としています。紙を使った対話やカウンセラーと簡単なカウンセリングなどが中心となるので、強いストレスを感じることなく進めることができます。カウンセラー1人に患者数人、というパターンもあります。